News&Report

戻る

2019年2月2日(土)レポート

NEW!! エコタウン学園1月『ハーバリウム』作ろう!を開催しました。

開催日時:平成31年1月31日(金)13:30~15:00
参加人数:59人
講師:門田 基子(マミフラワーデザインスクール)

 最近よくテレビでも紹介されているハーバリウム。一度は耳にしたり、そのものを見たことがある方も多いと思います。今回エコタウン学園で初めてのハーバリウムでしたが、申込時から大盛況でした。参加された方々の中には、以前から興味があってユーチューブを見たり、本を買ったりして作ってみたことがありますという人が何人かおられました。
 瓶に花とオイルを入れればハーバリウムになるだろうと簡単に考えてしまいがちですが、基本は押さえておきましょう。一度、先生から教わっておくといいと思いましたよ。
 お越し頂いた先生はフラワーアレンジメントの講師をされている門田基子先生です。まずは先生から用意してくださった材料の説明と、何点か気をつけることを話して頂きました。

★瓶は消毒済みのものを使います。エコライフを心がける私たちは空き瓶を再利用したいので気をつけたいと思います。
★お花は絶対乾いてないといけません。プリザーブドフラワーには着色しているものもあり、ハーバリウムに使うと色移りする事があります。花そのものの自然な色がでているものを使いましょう。     
★オイルは色々ありますが今回はシリコンオイルを使います。ベビーオイルでもできますし、オリーブオイルなどありますが、シリコンオイルは透明度が高く気温が下がっても白濁しません。花の色が落ちにくく劣化を防ぎ、きれいに見えるそうです。
★またオイルを注ぐとドライフラワーがどうしても浮いてきます。浮くのを止めるために麻の繊維を利用します。花を入れる毎に、ほぐした麻紐を入れれば花が落ち着いてくれます。
★花の配置を整えるために今回はワイヤーを使いました。オイルを入れた後もワイヤーで再度微調整します。
 
 さて、実際作ってみると、瓶の中の花々は自分の置きたい所になかなか落ち着いてくれません。皆さん苦戦しておられました。しかし、たまたま偶然に起きた配置でも絶対にきれいになります。
「イメージと違っていても、少し空間があった方がきれいですし、自分の作品をかわいがってください。」と先生より助言を頂きました。
 参加者の方からは、ご自分の出来上がった作品を見て「冬の色合いがない時期にいいわ」と感想を頂きました。
 小さなボトルに詰められた花々は豪華な花束にも負けない美しいインテリアになりました。

 

【画像】講師の門田先生
講師の門田先生

【画像】材料~素敵な瓶と花々♪
材料~素敵な瓶と花々♪


【画像】バランスを見ながら花を入れて・・・
バランスを見ながら花を入れて・・・

【画像】ワイヤーで整えます
ワイヤーで整えます


【画像】オイルをゆっくりと流し入れます
オイルをゆっくりと流し入れます

【画像】完成!
完成!


ページトップ