富山市エコタウン産業団地(リサイクル施設紹介)

戻る

廃棄物エネルギーリサイクル施設「株式会社アイザック 環境事業本部 エネルギーセンター」

■ホームページ
http://www.izak.co.jp/

平成22年8月に、富山市エコタウンの7つ目のリサイクル施設として完成しました。日本海側で屈指の規模を誇るこの施設では、処理の難しいものやマテリアルリサイクルに適さないものを、最新鋭の次世代焼却炉で安全に、効率よく焼却しています。
また、焼却時に発生する熱エネルギーを利用して、発電や温水利用を行っており、エコタウン団地内から出る廃棄物を限りなくゼロに近づける「ゼロエミッション構想」を一層推進します。

事業特徴

  1. 廃棄物入荷時には、全品検査を行ないます。事前分析・入荷時分析のデータに基づいた、安全で適正な処理の振り分けを行ないます。
  2. 焼却炉で発生した熱で発電を行い、電気エネルギーに変化させます。焼却炉でのエネルギーを15%以上も回収し、その発電量は4,000kw/h、約8,000世帯分に相当し、その結果年間約16,000tのCO2排出抑制効果をもたらします。電力は自社施設で使用し、余った分は電力会社に販売しています。
  3. 可燃性の高いものなどドラム缶に入った廃棄物を、ドラム缶破砕設備で缶ごと破砕し、焼却炉に投入することができます。窒素ガスパージによる安全性の高い処理方法です。
  4. ダイオキシンなどの有害物質の発生が極めて低い、最新のガス化キルン炉で、抑制燃焼方式により安心・安全な焼却を行ないます。
  5. 近年注目されている、廃棄物からのレアメタルの回収を、溶融炉(許可取得済み)を新設することで対応していきます。

事業内容

【処理廃棄物の種類】
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、その他(特管物含む)
【焼却形式】
キルンストーカー炉
溶融炉(将来計画)
【処理能力】
135t/日(24時間稼動時)
【発電能力】
4,000kw/h
【売電容量】
2,000kw/h(溶融炉稼動時)
【温水供給】
20t/h(55℃)
【事業効果】
CO2排出抑制効果・・・約16,000t/年
原油削減効果・・・約8,400t/年

事業フロー

株式会社アイザック事業フロー

ページトップ