富山市エコタウン産業団地(リサイクル施設紹介)

戻る

ハイブリッド型廃プラスチックリサイクル施設「株式会社プリテック」

■ホームページ
http://www.prtec.co.jp/

「容器包装リサイクル法」に基づき、家庭から排出され、自治体が分別回収したプラスチック製容器包装から金属等の異物を除去した後、素材ごとに選別し、ペレットやフレークといったプラスチック原材料に再生します。また一部のプラスチックは油化し、燃料油を生成します。

事業所から排出されるプラスチック廃棄物の素材を判別し、プラスチック原材料や燃料油に再生します。再生したプラスチック原材料は希望により排出事業所に戻し、再利用していただけます。

事業特徴

「材料(マテリアル)リサイクル」と「油化」という異なる二つの手法をあわせ持つ、全国初のハイブリッド(複合)型廃プラスチックリサイクル事業です。それぞれの特色を活かすことで、再生製品の高品質化や廃棄物の削減、リサイクル率の向上などを実現しました。

再生したプラスチック原材料や燃料油は、プラスチック成型メーカーをはじめとする地域の企業で使用されることで、再び製品となり循環します。プラスチック資源の有効活用と地域内循環を目指し、「富山のリサイクル拠点」として活動していきます。

事業内容

【施設の規模】
敷地面積:約15,000m²  建築面積:約5,800m²
【主な設備】
選別設備、破砕・洗浄設備、減容設備、造粒設備、油化設備、計量設備、保管設備
【受入能力】
8,100t/年
【受入品目】
・その他プラスチック製容器包装
・PETボトル
・事業系プラスチック廃棄物(材質により受入基準があります)

【リサイクル製品およびその用途】

リサイクル製品内容用途
再生プラスチック
原材料
単一素材および複合素材のペレット(造粒品)、
フレーク(破砕片)など
プラスチック成型品の原材料
燃料油プラスチックを熱分解した、硫黄分の少ない油A重油相当品は外販、軽質油は自家設備で利用
金属類鉄・アルミ等各種金属資源として回収・再利用

事業フロー

ボタンクリックで各作業工程のムービーをご覧いただけます。

※ムービーをご覧になるには、最新のFLASHプレーヤーが必要です。ダウンロードはこちらから。

ページトップ