エコタウン学園 『かけ茶碗クラフト』 を開催しました。|News&Report|富山市エコタウン 環境と調和するまちづくり計画

News&Report

戻る

2017年2月20日(月)レポート

エコタウン学園 『かけ茶碗クラフト』 を開催しました。

開催日時:平成29年2月8日(水)13:30~15:30
参加人数:13人
講師:青海 万里子さん(金沢エコライフくらぶ代表)

 使い込んで欠けてしまったり、ひび割れてしまった茶碗。中には愛着があって捨てるには心苦しい時もありませんか。そんな時にうってつけの講座を行いました。
 金沢エコライフくらぶさんから、欠け茶碗を使ったクラフトを2種類教えて頂きました。

①フォトフレーム
 欠け茶碗をフォトフレームの木枠部分に飾りつけ、紙粘土で埋め込みます。
 粘土の厚みや凸凹の具合・欠け茶碗の配置で印象も変わります。
②ペンダント・ブローチ
 石塑粘土(石の粉が入ったもの)を使用し、欠け茶碗を埋め込みます。
 粘土に模様を入れた後、表面に金のアクリル絵の具で色付けするとブロンズのような重厚感がでます。

 粘土をこねて形を整え、とても楽しい作業でした。
 見渡すと、参加者全員の手は石塑粘土の色に染まっていました。頑張った証です!
 活躍の場を失った欠け茶碗が、変身してよみがえりました!




【画像】講師の青海先生
講師の青海先生

【画像】写真立ての材料
写真立ての材料


【画像】欠け茶碗の割れた感じやデザインを見て、材料に使うものを選びます。
欠け茶碗の割れた感じやデザインを見て、材料に使うものを選びます。

【画像】粘土をこね、ボンドで貼り付けます。
粘土をこね、ボンドで貼り付けます。


【画像】先生に直接指導して頂きました。
先生に直接指導して頂きました。

【画像】作品完成!
作品完成!


ページトップ